技能実習生の受入人数

技能実習生1号の受入特例人数枠
実習実施機関の常勤職員総数 技能実習生の人数
301人以上 常勤職員総数の20分の1
201人以上300人以下 15人
101人以上200人以下 10人
51人以上100人以下 6人
41人以上50人以下 5人
31人以上40人以下 4人
30人以下 3人
2人 2人
1人 1人
※技能実習生(1号)の人数が、常勤職員の総数を超えないこと。
※建設分野の場合は、技能実習生の数が常勤職員の総数を超えないこと(優良な実習実施者・監理団体(*)は免除)
※船上漁業の場合は、技能実習生(1号及び2号)の人数が、各漁船につき乗組員(技能実習生を除く。)の人数を超えないこと。

技能実習生の最大受入人数

技能実習生は2年目になりますと、技能実習生2号へと移行いたします。その為、2年目、3年目にはそれぞれ新たに技能実習生1号を受け入れることが可能です。

例)
実習実施機関の常勤職員総数が30人以下の場合、外国人技能実習生の受入人数は、1年目は3人、2年目は6人、3年目は9人と最大9人の受入が可能となります。

優良な実習実施者の申請を行った場合は、技能実習生3号を受け入れることが可能です。

技能実習生の受入イメージ

技能実習生の受入イメージ

Copyright 2021 協同組合ペイジア